マカの摂取で基礎体温は上昇する?

 

マカにはたくさんの栄養素が含まれています。

 

そのためこれを食べるだけ生活できると言われています。

 

しかし実際には炭水化物や脂質の適度な摂取が必要なために、これだけで生きていくのは難しいことになります。

 

 

マカの摂取で基礎体温が上昇するのは、炭水化物や脂質の代謝を効率良く行うことが出来るからです。

 

体温を上昇させるためには、炭水化物と脂質の摂取が必要です。

 

しかし現代社会では炭水化物や脂質の摂取量が少ないという人が少なく、充分に足りている場合が多いのです。

 

 

それなのに基礎体温が低いという状態が続いてしまう人がいます。

 

その原因は、摂取した炭水化物と脂質を効率良くエネルギーに変えて消費をすることが出来ないからです。

 

炭水化物と脂質をエネルギーに変えるためには、ビタミンが必要です。

 

ビタミンの摂取量が不足してしまうと、炭水化物と脂質を分解し、エネルギーに変えることが出来ません。

 

その結果摂取量は充分なのに、体温を上げることが出来ない体になってしまうのです。

 

 

マカを摂取すると基礎体温が上昇するというのは、ビタミンが多く含まれているからです。

 

そのため効率良くエネルギーを生み出すことが出来るのです。

 

またマカには亜鉛が多く含まれています。

 

亜鉛には肝臓の働きを強めてくれる効果があります。

 

肝臓は糖質や脂質を代謝し、エネルギーに変換する臓器です。

 

 

実はマカの摂取により基礎体温が上昇する理由は、ビタミンで代謝を促進するだけではなく、エネルギーを作り出す肝臓の機能も向上してくれるからなのです。

 

まさに万能食材マカといった感じですね!