マカで妊娠しやすい体をつくる?

 

マカはアブラナ科の植物で、厳しい自然環境の中で育つために生命力が強く、栄養素が豊富な上に妊娠しやすい体を作ってくれるという効果があります。

 

マカには下垂体を刺激して、ホルモンになる前の成分を作り出し、マカに含まれる必須アミノ酸やビタミンやミネラルなどの有効成分が下垂体に働きかけ、必要なホルモンを作り出すサポートをする作用を持っています。

 

 

ホルモンが不足したり卵巣の機能が低下していると、なかなか妊娠することができませんが、ホルモンを増やしたり卵巣機能を調整してくれます。

 

その結果女性機能を安定させ、女性の生殖機能も活発化されるので、妊娠しやすい受胎環境にすることができるのです。

 

 

また、マカに含まれる必須アミノ酸のアルギニンには、精巣機能を活発にして精子を増殖させ運動率を高める作用があるため、男性不妊にも効果があると言われています。

 

成人男性がマカを摂取した結果、精液量や精子数、運動率が上昇したというデータもあるのです。

 

 

マカは植物であるため、服用することによる副作用もありませんし、不妊治療中であっても使用することができるというメリットがあります。

 

排卵誘発剤の薬に影響を与えたり、治療の妨げになったりしない上に、漢方やサプリメントと併用して飲んでも問題ありません。

 

豊富に含まれるアミノ酸やミネラル、ビタミンはホルモンなどは、人間の生命活動に重要な基本的な機能を強化する上に、妊娠しやすい体質にしてくれるのです。