万能な健康食品になる植物マカ!

 

マカはアブラナ科の多年生の植物です。

 

その種類は知られるだけで100種類あり、天然で自生している国で有名なのはペルーです。

 

その歴史は古くインカ帝国の時代には身分の高いものしか食べられない食べ物であったとされています。

 

 

その後もペルーでは貴重な資源として扱われてきました。

 

マカは根の部分を食用とし、天日干しにして乾燥させることで長期保存が可能になることから保存食としても使われてきました。

 

アンデス高地で栽培できるほど強い紫外線や激しい温度差にも耐えることができ土壌から栄養を吸い上げ貯蔵する力もあることから生命力という点でも非常に強い植物と言えます。

 

 

それに加えマカは大量の栄養素を豊富に含んでおり、その全体的なバランスもとれていることから万能であるとされています。

 

その種類は数多く鉄分、カルシウム、脂肪酸、ミネラル、中でも人間の身体に欠かせない栄養素である必須アミノ酸は代表に挙げられ、それらがもたらす効能は数多くあります。

 

 

マカを摂取することで期待できる効果は疲労回復、ホルモンバランスの正常化、精力増強、冷え性改善などがあり、これらの健康状態が整うことで生殖機能を向上させるのに良いとされており、そのため不妊の改善を目的とし摂取する人も多くいます。

 

また加齢に伴うホルモンバランスの崩れから生じる更年期障害にも、マカに含まれるアルギニンやベンジルグルコシノレートの作用が良いと考えられており、高齢に差し掛かる年齢の方の摂取も薦められています。