マカの種類と、マカに含まれている栄養素は?

 

マカは南米のペルーに植生する植物で根が薬用植物として使われています。

 

マカの歴史は古く、インカ帝国の時代から栽培されており特産階級の食べ物として扱われており当時から貴重なものでした。

 

マカには鉄分やカルシウム、たんぱく質などの栄養素がたくさん含まれており日本では錠剤やカプセルなどの健康食品として親しまれています。

 

 

また、マカにはたくさんの種類があり色によって違っていて、主に日本で使われているマカの種類は黒色のオスクーラ、黄色のアマリージャ、紫色のモラーダの3種類です。

 

 

オスクーラはあまりとることのできない希少種でポリフェノールやアルギニン酸などが多く含まれていて摂取することによって集中力の高まりが期待できます。

 

アマリージャはたんぱく質が多く含まれていて、ホルモンバランスを整える働きもしてくれます。

 

モラーダには鉄分やアントシアニンなどが多く含まれています。

 

 

それだけでなく18種類のアミノ酸やミネラルやビタミンなどの栄養素もふんだんに含まれています。

 

モラーダは鉄分やアントシアニンなどの女性が不足しがちな栄養素をたくさん含んでいて、女性ホルモンの分泌を促してくれるため、女性の不妊治療などによく使われています。

 

 

以上のようにマカには栄養素が多く含まれていて、摂取することによって不足している栄養素を補ってくれます。

 

しかし、最近では化学肥料を使って育てられていたりトウモロコシの粉末が混ぜられていたりなど品質が良くないものもあります。

 

それらを避けるためには標高の高いところで有機栽培で育ったものを選ぶと良いでしょう。