マカにはテストステロンが含まれていない?

 

壮年期に差し掛かった男性の悩みの一つに、EDがあります。

 

解消するために強壮剤やサプリメントを服用する方も多いでしょうが、気をつけなくてはいけないポイントがあります。

 

それは、一般的な強壮剤はテストステロンの分泌を促してEDを解消しようとするものがほとんどだからです。

 

 

加齢によるEDは、このテストステロンの分泌が年齢と共に減少していくのが原因のひとつとされていますが、このテストステロンは男性ホルモン、つまり薄毛の原因でもあるのです。

 

人間は、男性ホルモンが多いほど薄毛になりやすく、女性ホルモンが多いほど薄毛になりにくくなっています。

 

つまり、強壮剤を使用することで、壮年期のもう一つの悩みでもある薄毛を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

 

そこで注目したいのが、「マカ」。

 

このマカを利用した、強壮を目的としたサプリメントやドリンクはコンビニでも売られているので、目にした方も多いでしょう。

 

マカにはアルギニンが含まれており、血流を良くして勃起力を回復してくれる働きがあります。

 

 

また、アルギニンはアミノ酸なので、健康維持や老化予防、生活習慣病の予防にも役立ってくれます。

 

そして、その最大の特徴はテストステロンが含まれていないというところでしょう。

 

 

そのため、薄毛を気にせずに精力を回復させることができるのです。

 

もちろん、薄毛の原因は強壮剤だけだとは一概に言えません。

 

アルコールやタバコ、生活習慣の乱れなども原因になりますので、生活を正し、その上でマカを摂取するのが良いでしょう。